2013年05月19日

Java Cache削除方法




sun java deployment cache 6.0 の中のファイルは削除しても大丈夫?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1048746500


Q:sun java deployment cache 6.0 の中のファイルは削除しても大丈夫でしょうか?
この6.0のフォルダの中の数十個のフォルダの合計容量が11Gにもなってしまいました。
これらのフォルダは削除しても問題ないのでしょうか?


A:ブラウザでSun MicroSystemsのJAVAアプレット(Java Runtime Environment)を実行すると、JREはダウンロードされたすべてのファイルのパフォーマンスを改善するためにこれらのファイルをJREのキャッシュディレクトリに保存します。
ご質問のファイルは、この最適化されたキャッシュファイルです。

削除すると、JAVAの実行速度が低下することがあり、ブラウザでWebサイトを閲覧する速度に影響する可能性があります。
しかし、キャッシュに保存されたアプレットがいつも実行されるとは限らず、大半は不要なものと考えられます。

整理のため一度全て削除してみるというのも良いかも知れません。
削除してもJREのアプレットを実行した時点で必要なのものが復活しますから、PCの動作に影響することはありません。
ただし、フォルダを直接削除してはいけません。

削除方法
1.「スタート」メニューから、「設定」 - 「コントロールパネル」の順に選択します。
2.「コントロールパネル」で、Java Plug-in コントロールパネルを開きます。
3.「キャッシュ」タブを選択します。
4.「クリア」ボタンをクリックして、JRE のキャッシュディレクトリを消去します。
注意
Java Plug-in コントロールパネル は、表示を「クラシック表示」に切り替えないと表示されません。

お礼
かなりの空きを作ることが出来ました。ありがとうがざいました。





Javaのキャッシュをクリアするには
http://www.java.com/ja/download/help/plugin_cache.xml

Windows 7

 「スタート」
→「コントロール パネル」
→「Java(32ビット)」
Javaコントロール01.jpg

→「一般」タブ
→「インターネット一時ファイル」セクションの「設定」
→「一時ファイルの設定」ダイアログ・ボックス
Javaコントロール02.jpg

→「ファイルの削除」をクリック
→「ファイルおよびアプリケーションの削除」ダイアログ・ボックス
Javaコントロール03.jpg

→「ファイルおよびアプリケーションの削除」ダイアログで「OK」をクリック
→「一時ファイルの設定」ダイアログで「OK」をクリック


posted by ken_y at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | yahoo知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362308940

この記事へのトラックバック